2014年03月11日

「畏敬」ということ

目標体重:75.0kg
目標までの残り:-13.2kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:88.2kg
体脂肪率:32.0%
BMI:28.5
食事
朝食
キウイヨーグルト・みそまんじゅう・マロンチョコレート
昼食
納豆かけご飯・メギス塩焼き・千切りお浸し・菜っぱのお汁
夕食
缶ビール・スパークリングワイン・牡蛎フライ・ホタテフライ・菜の花唐揚げ・蕗のとう唐揚げ・ニンニク揚げ
おやつ
太鼓せんべい
東日本大震災から3年目の「3・11」です。

s-P1030761b.jpg

原発はもちろん、復興があまり進んでいないといいます。

最近、ニュースでよく見るのは津波を防ぐ防潮堤の高さの問題。

高くすれば良いというものではないでしょう…

自然災害は所詮人智を超えたものですから。

「畏敬」とは「おそれうやまう」ことです。

人間が自然を支配したり、コントロールできると自惚れてはいけません。

人間も自然の中に存在するものだからです。

自然に対する「畏敬」の念が疎かになったとき、自然はその美しさとは異なる、恐ろしい牙を剥いて人間に迫ってきます。

s-P1030756b.jpg

今日も白山が白く綺麗に輝いていましたが、一旦噴火すれば、この積もった雪が一気に溶けだし、火砕流とともに濁流となって麓に流れ落ちてくるのです。

「科学」の進歩を否定するものではありませんが、科学研究の分野でも倫理が問われるのと同様、研究主体に「畏敬」の念を持つことが必要なのだと思います。

人類が原子力を手にした現在、その取り扱いに「畏敬」の念がもたれているのだろうか?

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

s-IMG_4004s.jpg

石川国際交流サロンを覗いたら、可愛いねこちゃんの絵をはじめとした書画展が開かれていました。

s-IMG_4005s.jpgs-IMG_4014s.jpgs-IMG_4006s.jpg

※「倉下真澄 書画展」〜日々の筆〜
(16日まで・石川国際交流サロン

s-IMG_4007s.jpg

s-IMG_4015s.jpg

s-IMG_4019s.jpg

倉下さんの作品、いわゆる絵手紙風の暖かな感じのものからダイナミックな書まで、様々ですが、このネコちゃんの絵は2014年のカレンダーになっていて、1月は今年の干支、馬が持ってきたお節を食べるネコ。

s-IMG_4009s.jpg
s-IMG_4012s.jpg
s-IMG_4008s.jpg

2月はソチ五輪で、6月のW杯まで描かれている面白さ(笑)
最後は12月に温泉に浸かるネコたちまで…

s-IMG_4017s.jpg

また、絵の上に書かれた童話?もありました。

有名な「金の斧・銀の斧」のパロディ?

「金のタイツ」です(笑)話の展開は現物を見ていただくことにして…

s-IMG_4013s.jpg

倉下さんのウィットに溢れた楽しい作品展でした。

s-IMG_4024s.jpg
s-IMG_4025s.jpg

夜は揚げ物三昧…

牡蛎フライやホタテフライなど。

s-IMG_4026s.jpg

s-IMG_4027s.jpg

牡蛎も、そろそろ終わりでしょうか…

◆人気ランキング「人気blogランキング」と「にほんブログ村」に登録しています。
他の、料理やダイエット情報をご覧になるときはこちらをクリック!

bromrankbnar.bmp にほんブログ村 料理ブログへ
posted by pandaful at 09:29| 普通普通| Comment(0) | TrackBack(0) | 想うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。