2013年07月08日

「微笑み」の謎に終止符?

目標体重:75.0kg
目標までの残り:-12.2kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:87.2kg
体脂肪率:29.0%
BMI:28.2
食事
朝食
バナナヨーグルト・くず餅・水ようかん(美福)
昼食
能登豚の冷やしタンタン麺セット(南国酒家・香林坊アトリオ)
夕食
缶ビール・鰺色づけ・イカ鉄砲焼き・野菜煮染め
おやつ
田舎まんじゅう
このブログに何度も登場しているレオナルド・ダ・ヴィンチ研究家の向川惣一さん。

s-IMG_9257s.jpg

[PHOTO1]

今回はダ・ヴィンチの「モナ・リザ」をテーマにした展覧会です。

(9日〜14日・石川国際交流サロン

s-IMG_9261s.jpg

[PHOTO2]

まだ、飾り付け中のサロンを覗いてきました(フライング・ゲット・笑)

今回の「モナ・リザ」展の重要なテーマは柱です。

s-IMG_9255s.jpg

[PHOTO3]

現在ルーブルに飾られている「モナ・リザ」は板の上に描かれていますが、1951年にフランス美術館修復研究所で行われた点検では、両端が7cm切りつめられているというのです。
しかし現在のルーブル美術館の見解は「切断はない」と変更されています。

果たして、この見解の違いは何なのか?そして7cmには何が描かれていたのでしょうか?

実はモナ・リザが描かれた16世紀初めに描かれた数多くの模写にはモナ・リザの両側にバルコニーの柱が描かれていると言うのです。

s-IMG_9256s.jpg

[PHOTO4]

今回、向川さんが復元したモナ・リザは分かり易いようキャンバスに描かれていて、裏側から見てみるとキャンバスの上にキャンバスを重ねて額縁状に表現されています。

s-IMG_9260s.jpg

[PHOTO5]

ダ・ヴィンチの弟子が模写したモナ・リザと比べてみると(3枚の内、右側の2枚が弟子が模写したもの)確かに、柱のようなものが両側に描かれています。

現代の感覚で見てみると柱が描かれているのは、妙に窮屈な感じがしないでもないし…

巨匠も焼きが廻ったかな?(笑)と感じないでもないですが…

s-IMG_9262s.jpg

[PHOTO6]

向川さんの解説では、これまでのダ・ヴィンチの作品同様「黄金分割」を駆使した描き方がされているはずで、現在飾られている「モナ・リザ」では説明が付かない部分が、両側に柱を描くことによって、見事に「黄金分割」を立証出来るというのです。

※これまでの「向川ダ・ヴィンチ論」

http://pandaful.seesaa.net/article/101323859.html

http://pandaful.seesaa.net/article/100904981.html

http://pandaful.seesaa.net/article/35471405.html

s-IMG_9258s.jpg

[PHOTO7]

この辺にダ・ヴィンチが拘った、彼の画法の美学が感じられますが…

「自縄自縛」というか技法に拘りすぎて、現在の「モナ・リザ」の方が神秘的に見える…(笑)

ひょっとして昔の「モナ・リザ」には額縁が無かったかも??
それなら柱があっても邪魔にはならないような…

観た人が、それぞれにルネサンスの感覚と、現代の感覚を比べてみると面白いかも。

◆12日(金)午後2時からギャラリートークが行われます◆

※向川さんのダ・ヴィンチ論を広く世界に知って貰おうと、英訳版を載せてみました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

Putting an end to the mystery of the "smile"?

The Leonardo da Vinci scholar, Mr. Soichi Mukaigawa, has been the subject of this blog a number of times.

[PHOTO1]

This entry is about his exhibit on da Vinci's "Mona Lisa." (7/9 - 7/14 at Ishikawa International Salon)

[PHOTO2]

I was able to sneak a peek while they were getting ready for the exhibit.

The major theme of this exhibit is "columns."

[PHOTO3]

The "Mona Lisa" that is currently on exhibition at the Louvre was painted on a piece of wood. According to an examination conducted by the Center for Research and Restoration of France (C2RMF), there is evidence that both the left and right sides of the painting had been trimmed by 7 cm. However, the current position of the Louvre is that the painting has not been trimmed.

What makes for these differing points of view? What, if anything, was painted in the 7 cm spaces?

Apparently, in many of the reproductions of the Mona Lisa done in the 16th century, balcony columns were painted on each side.

[PHOTO4]

To make it easy for the viewers, the restoration of the Mona Lisa done by Mr. Mukaigawa for this exhibit is painted on canvas. Looking from the back, you will see that there are two canvases, the top one using the bottom canvas as a form of frame.

[PHOTO5]

Comparing the original (lower left) to the reproductions done by da Vinci's pupils, you will notice that, in the reproductions, there are what appear to be columns.

To look at it from a modern perspective, it seems oddly cramped to have those columns…

Had the maestro lost his touch? (lol) That's what it feels like...

[PHOTO6]

According to Mr. Mukaigawa, da Vinci must have fully utilized the "Golden Ratio" in the painting as he had done with his other works. Adding the columns to both sides would bring the Mona Lisa into conformity with the "Golden Ratio."

※ see other "Mukougawa da Vinci Theories" (Japanese only)



http://pandaful.seesaa.net/article/101323859.html

http://pandaful.seesaa.net/article/100904981.html

http://pandaful.seesaa.net/article/35471405.html

[PHOTO7]

I have great appreciation for da Vinci's obsession with his drawing style…

However, this fixation might have caught da Vinci in his own trap. In my view, the existing "Mona Lisa" appears more mysterious… (lol)

Is it possible that the early days of "Mona Lisa" didn't have a frame around it?? If that was the case, the columns would not have interfered…

It may be interesting for viewers to compare the aesthetic differences between Renaissance and Modern perspectives.

(translated by Miki Nagae)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


s-IMG_9252s.jpg s-IMG_9247s.jpg


昼は、かみさんとアトリオで。
南国酒家で能登豚の冷やしタンタン麺です。

s-IMG_9249s.jpg

やっぱり、酸味の利いた冷やし中華の方が良かったかな?

s-IMG_9266s.jpg

夜は金沢の夏に相応しい鰺の色づけやイカの鉄砲焼きを。
どちらも中に雪花菜が入っていて食べ応え充分。

s-IMG_9272s.jpg

やっぱり夏は、これを食べないとね(笑)

◆人気ランキング「人気blogランキング」と「にほんブログ村」に登録しています。
他の、料理やダイエット情報をご覧になるときはこちらをクリック!

bromrankbnar.bmp にほんブログ村 料理ブログへ
posted by pandaful at 09:32| 普通普通| Comment(0) | TrackBack(0) | 人と物紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。